∞∞この続きはコーヒーと一緒に∞∞

その日その時、感じたことを感じたままに。まるで誰かと語り合うコーヒーブレイクのように。

≡≡ 災害は現場を知るプロに任せる ≡≡

新型コロナウイルスの市中感染と
阪神淡路大震災時の対応

 新型コロナウイルの市中感染が確実になって以来のニュースでは、感染症の怖さを甘く見ていた政府の対応の拙さに多くの時間が割かれるようになってきました。
 ひょっとすると報道関係者のトップクラスから「必ず甘さが露呈するから、今から準備しておくように」というような指示が出ていて、ここからは「あの時点での対応に問題があったのでは」という切り口のニュースが増えてくるんじゃないかとも感じる話題もいくつかありそうです。

 それはさておき。

 今回の市中感染までの成り行きを見ていて、阪神淡路大震災が発生した時のことを思い出してしまいました。

・断片的な情報しか入ってこないのを“無能な現場”のせいにして椅子に座りながら「まずは正確な状況判断から」と言い続けたこと。
・状況が判ってきても「当初の復旧は現場努力に任せ、体制作りと資金確保の準備をしておこう」と判断したこと。
・齟齬が出てくるとまず最初に“取り繕い方”を決めていたこと。
・固定概念に基づいたルーティーンワークのワザを駆使して“アラ探し”に多くの時間を費やして、現場を歩き回って事実を掴もうとしなかったこと。
・最前線の情報に基づいた対応を評価せずに、あらゆる意味でオカミの判断しか受け入れなかったこと。

 地震直後に感じた現場と意思決定層の意識の乖離が今回も起こったように感じています。未曾有の災害に直面している現場の人間と、現場からの悲痛な声を自らが解決すべきことと感じずに、前例と規約に基づいた判断しかできない意思決定層。こんな図式が今回も繰り広げられているように感じています。

 今回の“災害”が収束すれば、ある程度の新たな指針や法律が施行されるでしょう。たとえば、阪神淡路大震災の全貌が見渡さるようになってから起こった東日本大震災のように次回何か起こったときには活用されるでしょう。
 しかもSNSが一般的になって、直面している人間からの“生の声”が聞こえるようになっています。そのおかげで、以前よりは“前例主義”は改善されるかもしれません。ですが、それでも現場判断には制限が掛かるはずです。
 「いくら現場に直面しているからといって、専門家でもない人間が着手して何かあっても責任は持たないぞ」と“錦の御旗”を振りかざすことしか出来ない人間はいつの時代にもいるのですから。

 今は、あの地震のときと同じように「ことの推移を見守りながら、自分の身は自分で守る」ことが最善なようです。


[0223 - 3401]

≡≡ もう少し注意しなきゃ ≡≡

新型コロナウイルス市中感染

 中国で新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてから約1カ月。当初は強硬だが迅速な対応をしているなと納得していましたが、クルーズ船の大黒ふ頭接岸以来、様子が変わってきたように感じるようになってきました。つまり、検疫体制も、予防措置も、隔離体制も……、何もかもが疑問付きな対応ばかりに見えてきたのです。

 特に、船の中という小さな空間にいるにも関わらず職種が違うから感染しないという前提にたった検疫作業を知ってからは???が続くようになりました。
 なかでも、ドアは分けたけれどそこを通り過ぎると同じ部屋の中というニュースを知った時は唖然としてしてしまいました。感染症の知識がない素人でも危険だと判断できるような防護体制を知ってからは「発症させないためには自己防衛しかないのかも」と感じるようになってきています。


 ・感染症専門家の知見は充分に活用され、尊重されているのでしょうか。
 ・よもや職種や立場が違うから感染しないなんて未熟な発想の方はいないでしょね。
 ・「根性で跳ね返せ」なんて乱暴な根性論で対峙していないでしょうね。
 ・「必要以上に警戒したり怯えない」姿勢の真意を汲み取っていますか。
 ・感染症研究に立脚した“立ち向かう医療”制度や指針は整っているのでしょうか。


 ニュースに接するたびに疑問は増えるばかり。武漢で治療に当たっている方が「今の日本の体制は甘すぎる」と指摘した動画を知ったときにはゾッとしました。

 正直なところ、僕はこれまであまり神経質にならないようにしてきましたが、どうも間違っていたようです。とはいってもマスクは売っていないし、絶対に人混みに出ないなんてことも出来ないし。出来るのは保健所が飲食店の従業員向けに教えてくれる衛生手洗い程度しか思いつきませんが、遅きに失してということにならないようにしたいと思っています。
 まずは基本に立ち返って、コンディションに気を配って抵抗力を失わないように注意することからはじめます。

[0222 - 3400]

≡≡ オッと、もう週末か ≡≡

今週も早かったなあ

 アタフタと過ごし、気がついてみると週末。今週も時間の進み方が早かったように感じています。
 こんなに早く週末が来てしまうと積み残しが出てしまうじゃないか、なんて贅沢なことを考えながら夕方を迎えています。

 しかも、3連休のあとはおこもり状態になりそうな気配濃厚だし……。そんな思ってもいなかったラッキータイムが続きそうなのに3連休の時間割は決めていたし……。

 決めました。明日の土曜日は積み残したものを片付けます。そして日曜、月曜の二日間は“心の洗濯”に出掛けます。

 ということで。今週もありがとう。来週が素晴らしい週になりますように。

[0221 - 3399]

≡≡ 根岸の喫茶店にて ≡≡

賑やかに、好き好きに

 久々に“根岸の喫茶店”に行ってきました。いつ行っても、どう控え目に見ても、60歳以上の方しかいない、あの喫茶店です。
 いつもどおり、女将相手におしゃべりに興じる人、自分で持ち込んだ昭和前期の名曲を集めたCDを勝手に掛け始める人、お嬢さんらしき女性のサポートを受けながらコーヒーを楽しんでいる高齢女性……。
 ひょっとするとこの店は、老人相手の小振りな居酒屋なんだろうかと感じてしまうこともある不思議な空間と理解してもらうと判りやすいかもしれません。

 この店がほかのカフェと決定的に違うのは「おしゃべり」。

 とにかく賑やかなんです。一旦、席に座れば誰もが知り合い。初対面の人に気軽に話しかけて何か問題でも?といった具合。関西人的に言えば「しゃべってなんぼ」の世界が繰り広げられています。人と人との距離が近い関西ならともかく、いくら下町とは言え、ここは東京・根岸。いみじくも、初代の林家三平師匠が「下町の学習院」と言った根岸小学校から数十メートルしか離れていない場所です。
 ワイワイガヤガヤというよりも数人の声が重なってワーンという共鳴音が聞こえてくる喫茶店なんてそうそうありません。一杯のコーヒーが大量のアルコール同様の効果をもたらすとは思えませんが、集まってくる人たちの目的はそんな“つながりながら好き勝手に過ごせる”時間なのかもしれません。

 このまま通い続けると、僕自身もそんな魔力に囚われてしまいそうです。

[0220 - 3398]

≡≡ ジワジワと春が近づいて ≡≡

今日から雨水
今日も続く新型コロナウイルスの恐怖
穏やかな春の日が来るのはいつ?

 二十四節気では今日から雨水。立春の候からひとつ進んだだけなのに春が近づいてきたような感覚になっています。

 雨水(うすい:陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり──寒さが峠を越え、雪が雨に変わり、春一番が吹く頃)

 東京では暖冬の影響なのか“積雪の試練”を受けずに冬が終わろうとしています。ひと安心といえばひと安心。風情に欠けると言えば欠ける。なんとも、中途半端な冬の終わり方になりそうです。

 とはいっても、新型コロナウイルス関連の報道で埋め尽くされた今年の場合は雪がどれだけ積もったとか、手洗いの普及でインフルエンザの罹患率が減少しているとか、あるいは野菜が育ちすぎて安値を続けているなんて話題は広がらなかったでしょう。
 何よりも注目すべきは新型コロナウイルス。この“悪魔”こそ今年の冬将軍、というところでしょうか。

[0219 - 3397]

≡≡ 愛煙家の皆様に質問です ≡≡

タバコが吸いたくなった時、
どうなさっていますか

 東京都ではこの4月から国が決めた基準以上のタバコ対策が実施されることになっています。その基準に対応しようと飲食店をはじめとして公共の場所では、換気設備を整えた喫煙所を設置したり、思い切って禁煙にしたりと大改造真っ盛りになっています。
 愛煙家の皆さんなら自分の居場所が狭まっていくのをひしひしと感じていらっしゃると思います。
 ところで、近頃カフェや喫茶店で「加熱式タバコのみ」の表示を見かけることが多くなったと思いませんか。喫煙場所として指定した“隔離エリア”であっても、加熱式タバコならいいけれど、普通のタバコはご遠慮を、という、あの指定です。

 ──タバコを止める気はないけれど、人さまに迷惑を掛けるのもいかがなものか。偶然入った喫茶店で普通タバコが断られた時のことを考えると加熱式を買うしかないな。これも時代の流れ。公共と自分のすり合わせておかなきゃ──。

 ということで。

 なんと僕は、本日、加熱式タバコのキットを買いました!

 以前、電子タバコのキットを買ったのはいいけれど、あまりにも軽すぎて単なるケムリとしか感じず、お払い箱にしたことがあるので、今回はもっとも従来のタバコに近い味わいのものを買うことにしました。
 現在充電中のため、味わいは「お楽しみはこれからだ」の状態ですが、試飲した時の味わいならヨシとすることにします。

 と、僕は普通タバコ+加熱式に切り替えたわけですが、愛煙家の皆さんはどうなさっているんでしょう。まさか、これを期に禁煙するなんて方はいらっしゃいませんよね。

[0218 - 3396]

≡≡ だから、ゆっくり歩こう ≡≡

あったかいと歩くスピードが……

 神保町から駿河台下へ。

 出版当時は6冊揃いだったのに、どういうわけか、再版された新本が4冊揃いに変更されたり、古書でも5冊揃いが精いっぱいという江戸時代の風俗を書き記した本を探しながらフラリフラリと午後いっぱい歩き回りました。目的の本はけっきょく見つからなかったけれど、久々に古書のオーラの中で充実した時間を過ごせたようです。

 それはそれとして。

 歩いている途中で、歩く速度が寒い時期よりも遅くなっていることに気がつきました。どうも、あったかいから自然と歩速が遅くなり、気持ちもゆったりとしたようです。

 寒さに震えていた時のような身体の緊張感もないし、“猫背歩き”がなくなって背を伸ばして歩けるし。……いいですねえ、春の気配。今年は冬から春への移り変わりを味わうことは出来ないようだけど、せっかくやってきたあったかさです。このまま春本番になってくれるといいのですが。

 本は見つからなかったけれど、春の気分で歩けただけでヨシとしましょう。古書はそのうちどこからか出てきますからね。

[0217 - 3395]

≡≡ 燃焼時間5分のロウソクを買いに ≡≡

おばあちゃんの原宿巣鴨

 小雨が降るなか、巣鴨まで行ってきました。
 巣鴨と言えば、とげぬき地蔵の名で有名な高岩寺がある所です。ひょっとしてオマエもどこか調子が悪いのかと思われそうですが、ご心配なく。身体はいたって健康です。

 『おばあちゃんの原宿』と言われるだけあって巣鴨の地蔵通り商店街にはほかの街ではおよそ手に入らないだろうと思われる商品が揃っています。
 巣鴨を一躍有名にした真っ赤なパンツだけでなく、にんにく醤油味のせんべい、にんにくの醤油漬、揚にんにく、咳止め飴、はちみつ、健康シューズ、もんぺに綿入れ半纏、ステッキにシルバーカー……。おみやげ用の塩大福も有名です。とにかく、どの店も高齢者向けの商品で溢れかえっています。もちろん店先に立っているスタッフだって一見して高齢者と判る人たちばかりです。

 余談ですが、僕は10数年前に初めて行った時に入った『すがも園』という有名な食堂で注文をしようとした時、見るからにおばあちゃんの店員さんから「はい、ぼくちゃんは何にする?」と言われ、その言葉を素直に受け入れた記憶があります。

 それはそれとして。
 実は、父と母を祀った仏壇用のロウソクを買いに行ったのです。

 母が亡くなった時に「線香と同じように、一旦火を灯したロウソクは自然に消えるまで消さないほうがいい」という話を聞き、それ以来ずっと自分からは消さないようにしてきました。ちなみに、一般的な長さ5~6センチのロウソクだと消えるまで20~30分程度掛かるのはご存知のとおりです。

 ある時、とげぬき地蔵の山門前の仏具屋さんで長さ1.5センチ程度、燃焼時間5分、香りは蜜蝋というロウソクを見つけて「コレだ、これしかない」と飛びついたのです。
 あれから約10年。いまだにほかの仏具屋さんで見つけられないため、「ロウソクがなくなりそうになると巣鴨」ということになっているのです。

 そんな燃焼時間5分のロウソクをダウンジャケットのポケットに突っ込んでいそいそと駅へ。若い人たちが行き交う駅までたどり着いた時に「現実に戻ってきたぞ」と感じている自分に苦笑いしてしまいました。

[0216 - 3394]

≡≡ 電源オフの土曜日 ≡≡

フー、休憩だあ!

 アタフタとしている間に終わってしまった先週を振り返りながら、今日くらいは何もしない日にしようと決めた土曜日も終わりに近くなってきました。

 久々の“電源オフ”。

 買い出し以外は何もしないと決めた途端に身体がフッと軽くなったような気がして、あれもやっておこう。こっちも見ておこうとモゾモゾと動き回ってしまいました。
 せっかく「今日は何もしない」と決めたのに、なんとまあ貧乏性なことか。これが僕の本性なんでしょうね。

 部屋の中をゴソゴソと動き回る僕を意識したのか、居付き猫たちには評判が悪かったようですが、午後いっぱいは許してもらうことにしました。

 と、そんなこんなで。明日がすばらしい一日になりますように。おやすみなさい。

[0215 - 3393]

≡≡ 宿題、提出しました ≡≡

「週末・提出→ホッとひと息」のはずが

 水曜日に預かった宿題も提出したし、週末だし。これでホッとひと息、じゃワイ!とちょっとだけ解放感を味わっています。今のところ、答えが出るはずの週明けのことは考えないようにしています。

 はてさて、今からは……。と考えようとしていたら、それまで熟睡していた居付き猫たちが、何をかを感じたのか、ソッと近寄ってきました。ゴハンの時間です。つまり、彼らは彼らなりにボディランゲージで「のんびりしてるなよ、ゴハンの準備だぞ」と言っていたわけです。

 スリスリしてくるヤツ、僕の足をチョンチョンと突くヤツ、僕のことをじっと見つめているヤツ、毛づくろいをしながらこちらをチラチラ見ているヤツ……。それぞれ自分なりの方法でアピールしているのを見てはたと現実に戻されました。

 ああー、やっぱりオレは飼育係なんだ!

 自分時間を楽しみたいならゴハンの準備とウンチの片付けを忘れずに、ですね。ハイ。

[0214 - 3392]