∞∞この続きはコーヒーと一緒に∞∞

その日その時、感じたことを感じたままに。まるで誰かと語り合うコーヒーブレイクのように。

≡≡ 緊急事態宣言解除へ ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210923110037j:plain

♪酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ~♪

 ─19都道府県に緊急事態宣言発令中。8県にまん延防止措置の実施─

 8月初旬から今日まで、日本は全国規模の行動制限や経済活動の自粛や抑制を強いられてきた。
 東京や大阪などの大都市に限って言えば、“マスク・手洗い・消毒”という基本姿勢に加えて、1年以上“はしゃぐな、動くな、集まるな”を生活の規範にするように求められてきた。そして、ほとんどの人はその指示に従ってきた。

 そんな生活があと少しで一旦シーンチェンジしようとしている。

 国は9月30日に現在出ているすべての緊急事態宣言もまん延防止措置を解除しようとして検討を進めている。
 飲食店の営業時間や飲酒制限など自治体が独自で考え、国が後押しをする制限も多いようなのでコロナ前のようにとはいかないようだが、解除検討という声を聞いただけで日本に活気が戻ってきたようだ。

 こんな浮足立った状態に私は一抹の危険性を感じている。
 おそらく、9月30日の夜は“解除前夜祭”とばかり朝まで大騒ぎする人たちが出るだろう。週末を繰り上げて温泉宿に出向いてノーマスクでエンジョイする人たちもいるだろう。
 検討されているとはいっても条件付きの解除だというのに、その言葉だけが独り歩きした結果、第六波に襲われることになっては何もかもが台無しである。

 10月1日は自由が完全復活する日ではない。

 この2年間、誰もがコロナに泣かされてきたが、ここに来てやっとシーンチェンジの気配が漂ってきたのだ。国や自治体が発する制限が納得できるものかどうかはともかくとして、ここで慎重さや自制心を失ってしまえばコロナにスキをみせるようなものである。
 「♪酒が飲める…」もほどほどに、である。

・────────────────────・
秋分』‥秋の彼岸。夜が長くなり、駆け足で秋が深まる頃
[0927 - 3912]
・────────────────────・

≡≡ ワクチン・検査パッケージ ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210923110037j:plain

不利益・選別排除?
公衆衛生上の利益?
日本人の場合は?

 ワクチンパスポート改め「ワクチン・検査パッケージ」の導入についての検討が日本で積み重ねられはじめて数週間経つ。
 行動制限緩和の条件だったらやむを得ないという意見や、経済活動の活性化には欠かせないという意見、あるいはワクチン接種率拡大への寄与するなどの意見がある一方で、接種の有無で不利益を被る人を出してはならないとか、打てない人や打ちたくない人を選別排除するのは憲法で保障されている自由な生活権に抵触するという意見もある。まさに百花繚乱である。
 この課題への賛否が増すにつれて、名目だけは早々と“ワクチンパスポート”から、お役所仕事そのものの“ワクチン・検査パッケージ”という名称に変わった。とはいっても、言葉をすり替えただけで導入しようとする方向性は変わっていないが。

……………

 実は、7月中盤に2回目の接種が終わった私は(臨時)という表記が付いた接種済証のシール2枚をコピー用紙に貼り付けラミネートしたものを持っている。
 まだ実際に使ったことはないが、いずれ、国の動きより早く、この表を見せるだけで飲食店や小売店で値引きやおまけなどのサービスが受けられるようになったり、美術館や博物館への入場も楽になると踏んだのだ。

 ちなみに、その接種済証に(臨時)と表記されているところをみると、国は接種開始の時点から近い将来接種証明が必要になると考えていたのだろう。

……………

 現状、導入は決定的な様子だが、国は賛否の妥協点を見出した時点で最終的な導入への道筋を明らかにしたいのだろう。

 私はその妥協点の線引きに日本人の国民性、つまり、日本人が同調圧力に弱い現実論者であることも加味されているだろうか。
 日本人は権利について議論するよりも“世間体”“隣の芝生””お得感”“優越感”“市民感覚”などを優先する指向性が強い。この指向性を見誤ると線引き自体の効果が損なわれるのは、これまで施行されてきたコロナ対策を振り返れば自明の理である。

 導入する場合、経済活性化とワクチン接種率の向上だけを目的とした緩めの設定なら、かなり高い効果があると思うのだが、どうだろう。

・────────────────────・
秋分』‥秋の彼岸。夜が長くなり、駆け足で秋が深まる頃
[0926 - 3911]
・────────────────────・

≡≡ 総裁選終盤 ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210923110037j:plain

文字通りオーバーヒート

 自民党の総裁選挙が間近に迫ってきた。報道陣はどこで、誰が、どんな政策を語ったかを微に入り細に入り伝えているが、その報道姿勢はまるで4人分の「今日の首相動静」を伝えているようなものである。いくら事実上の次期総理を選ぶ選挙だとしても、過熱し過ぎではないだろうか。

 この過熱状態を「自民党が裏で仕組んだもの」と仮定したらどうなるだろう。

 報道されればされるほど自民党の宣伝になるのだから、できるだけ報道陣に刺激を与えて盛り上げてもらおうという作戦というように考えられなくもない。
 キングメーカーになるためのに“当て馬”まで用意する重鎮たちの暗躍の一部をリークして、決選投票になったらこうなるという目論見を解説させたりと話題作りには事欠かない状態である。

 ちなみに、いつもは反対のための反対しかコメントしない野党側も政策を発表しているが、どれもこれもどこかで聞いたような政策の焼き直しばかり。これでは注目度は上がらないだろう。

 自民党にとっては、旧体制との決別を図るための分岐点なのかもしれないが、ここまで付き合わされるとは思ってもみなかった。
 いつのまにか党内選挙の選挙活動から総理就任時の所信表明の予行演習にすり替わってしまったと感じているのは私だけだろうか。

 余談だが、菅総理はこんな状況になることを予見してアメリカで首脳会議を行うことにしたのだろうか。
 無派閥だからこそ出来るワザかもしれないが、それだけではなさそうだ。たとえば、日本のキングメーカーになるよりも、世界政治のネゴシエーターやコーディネーターへの道を選ぼうとしていると考えるとすんなりと腑に落ちる。

・────────────────────・
秋分』‥秋の彼岸。夜が長くなり、駆け足で秋が深まる頃
[0925 - 3911]
・────────────────────・

≡≡ しばらく背を向けていた間に ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210923110037j:plain

急速なシーンチェンジ

 コロナも政局も世界情勢も。極めて個人的な事情からしばらくの間、世間に背を向けて過ごしてきた。

 今日、久しぶりにコロナの状況を見てみると、なんと今日は東京の新規感染者が235人になっているではないか。自宅療養者や重症者も着実に減って来ているようだ。
 軽症患者に確実な効果を示す抗体カクテル療法も、訪問医療の現場で行われるようになったようだし、数カ月先には飲み薬まで使えるようになるというニュースもあるようだ。
 しかも来月からは、市井の経済再生に向けた実証実験が飲食業だけでなくイベントやエンターテイメント関連業種も動員して行われる予定とか。

 たった2週間ほどだったが、背を向けていた間にコロナとの戦いに大きな変化があったようだ。

 ワクチン効果や効果的な治療薬の投入、プラス、人々の自主的な行動変容で新規感染者が減ったのだろうか。あまりにも“うまく行き過ぎている”ようで、にわかには信じがたい事態だが、事実は事実として受け入れたほうが良さそうだ。
 この“好転”を味方につけることができたので、実証実験も重大な異論なしで進めることが出来ているのだろう。

 この2年間、世界中の人々が未知の脅威に立ち向かってきた。感染症の専門家は次から次へと出てくる問題に真正面から対処し、市井の人々は経験したことのない節制や我慢に耐えてきた。
 結果的に生き方そのものまで変わってしまったが、その苦心の結果が出てきそうな気配が濃厚になってきた。

 とはいっても、ここで気持ちを緩めると簡単に振り出しに戻ってしまう。節制と我慢に耐え、用心の上に用心を重ねれば“ウィズコロナの新たなライフスタイル”を享受できるようになるかもしれない。

 いや、そうなる。あと少し、あと少し、である。

・─────────────────────・
秋分』‥秋の彼岸。夜が長くなり、駆け足で秋が深まる頃
[0924 - 3910]
・─────────────────────・

≡≡ 『秋分』の候 ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210923110037j:plain

暑さ寒さも彼岸まで
季節が変わり、秋が深まる

「彼岸の中日」の今日は『秋分』の候が始まる日。『暦便覧』に「陰陽の中分なれば也」と記されているように夜の時間が長くなり、秋の風情が強まる頃である。
 「実りの秋」というように一年間積み重ねてきた努力が結晶となる頃とも言われるし、過ごしやすい気候になったおかげで「食欲の秋」と言われることもあるというのは御存知のとおりである。

 秋分とはいっても気温は依然として高い。しばらくは残暑を味わうことになるだろうが、季節が深まっていくのも時間も問題である。寒さに震える冬が訪れる前の貴重な時間をどう過ごすか。時の流れを大切に噛み締めていたいものである。

・─────────────────────・
秋分』‥秋の彼岸。夜が長くなり、駆け足で秋が深まる頃
[0923 - 3909]
・─────────────────────・

≡≡ アレッ、明日は休日? ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210101143248j:plain

カレンダーを
見落としてただけではなさそうだ

 ついさっきカレンダーを見るまで「世間さまでは明日は休日」だと知らなかった。これも自己裁量でペースが決められる居職の弱みのひとつかもしれない。

 明日は秋分じゃないか。そう、暑さ寒さも彼岸までの基準になる彼岸の中日じゃないか。

 このところ、うんざりすることが頭の中に渦巻き、周囲が見えなくなっているためか、カレンダーさえも見忘れていたようだ。
 いっときの茫然自失状態からある程度リカバーしてきたと思っていたのが、気持ちの根っこの部分では何も変わっていなかったようだ。

 明日、このブログに毎日掲載している写真を新しいものに変えたら、一緒に気分も変えよう。そうすれば生活感にも何らかの変化が生まれるかもしれない。

 私にとって、今回の落ち込みがこんなにダメージを与えるものだったとは思いもよらなかった。とはいえ、回復を焦ると碌なことはない。秋分の日を転換点にして、粛々と向き合っていこう。

・───────────────────────・
『白露』‥朝夕の涼しさが際立つようになり、秋らしさが深まる頃。
[0922 - 3908]
・───────────────────────・

≡≡ 中秋の名月 ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210101143248j:plain

風情を解さない人間なもので

 旧暦で8月15日に当たる今日は中秋の名月を愛でる日、と言われている。特に今年は、8年ぶりに満月の中秋の名月が楽しめるので見逃さないほうがいと言われている。
 そんな巷の話題に接した私の反応は「フーン、そういうものか」である。
 私は、子供の頃から「お月さまにはうさぎが住んでいる」と言われても、どこにとしか思えなかった。
 そんな人間だからだろうか、いまだに満月になると月をじっと見つめながら「うさぎなんてどこにいるんだよ」と戸惑い続けている。

 ところで、風流を理解している人は、満月、つまり十五夜よりも十三夜のほうが美しく風情があると言う。
 本来、十三夜は平安時代醍醐天皇が愛でたことに端を発する日本独自の月見らしい。そのためか、今でも十五夜を愛でるのなら十三夜も愛でないと「片月見(かたつきみ)になり、縁起が悪いと語り継がれている。
 ちなみに、今年の十三夜は旧暦の9月13日つまり10月18日である。

 そんな曰く因縁はともかくとして、風流の「ふ」の字も理解していない私も、この十三夜風流説には納得している。ひょっとすると、あまりにも均整の取れた物体には魅力を感じない性格がそうさせているのかもしれない。
 マッ、月見団子のように別格扱いのものもあるが。

・───────────────────────・
『白露』‥朝夕の涼しさが際立つようになり、秋らしさが深まる頃。
[0921 - 3908]
・───────────────────────・

≡≡ 彼岸の入り ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210101143248j:plain

秋ならではの
特別な印象と解放感

 9月23日を中日(ちゅうにち)とする1週間は秋の彼岸。今日、9月20日は「彼岸の入り」に当たる。
 仏教界でこの時期は『彼岸会』と呼ばれている。中日には先祖への感謝の祈りを捧げ、その前後の合計6日間は悟りの境地に達するために必要な『六波羅蜜』の修行を行うことになっているが、市井の人間にとっては墓参りの時期と捉えておけばいいのかもしれない。

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、朝夕の涼しさを肌で感じながら、夏の間に溜まってしまった疲れを癒やし、季節の変わり目を実感する時期でもある。
 実りの秋、食欲の秋、勉強の秋、読書の秋、思索の秋……。一年のうちで秋は特別な印象と解放感を与えてくれる。

 だが、ここまで育て上げてきたものを収穫し、蓄えるだけが秋の役割ではない。冬を越え、春になった時のことを見据えながら、新たな取り組みの心づもりを始める時期でもある。
 そう考えると、私のような俗人も、仏教界で悟りの境地に達するための六波羅蜜が行われるのを見習って、新たな心境に至るための心づもりを始めたほうがいいのかもしれない。せっかくの秋である。有意義に楽しませてもらおう。

・───────────────────────・
『白露』‥朝夕の涼しさが際立つようになり、秋らしさが深まる頃。
[0920 - 3907]
・───────────────────────・

≡≡ やっとここまで ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210101143248j:plain

考えすぎずに
開き直って

 台風一過。スッキリ晴れ上がった秋空の下、私の“落ち込み”はいまだに続いている。
 そんな中で唯一の救いになりそうなのが「考えすぎずに開き直るのも大切」という思いが浮かんでくるようになったことである。

 私の場合、過去に何度か経験してきた衝撃的な出来事でも、この思考で立ち直ってきたような気がする。いわば「開き直り」は、私にとっては「にっちもさっちもいかなくなった時の特効薬」なのだろう。
 とはいっても「開き直り」から「吹っ切れる」状態まで回復するのにしばらく時間が掛かる。その後「記憶の引き出しに仕舞い込む」状態まで到達しようとすると途方もない時間が掛かるものである。
 そんな吹っ切れたようで吹っ切れていない状態の時期を通り越すとようやく経験値という名の傷跡だけが残った状態になるわけだ。

 今回も開き直ることで“落ち込み”から抜け出す第一歩が踏み出せればいいのだが。そうでなければ大変なことになる。

 今夜も自分を叱咤激励して眠ることにしよう。

くよくよせずに自信を持って

・───────────────────────・
『白露』‥朝夕の涼しさが際立つようになり、秋らしさが深まる頃。
[0919 - 3906]
・───────────────────────・

≡≡ 土曜日の夜 ≡≡

f:id:Yutaka_TAWARA:20210101143248j:plain

いまだ落ち込み中

 今月に入ってからあることが原因でずっと落ち込んでいる。
 実は、今の私にとってはかなり衝撃的な出来事にぶち当たった後、リカバーしようとしてもリカバーできない状態が続いていたのだが、今週とうとうギブアップしてしまったのだ。個人的には「どん底状態の底が抜けた」ような状態と言っても言い過ぎではない。

 何かを考えようとしても定まらず、何をやろうとしても忘れそうになり、もちろん何を食べても美味しくない。当然、本を読んでも内容は入ってこない。

 ここであがいて無茶をすれば、もっと深みにハマってしまうのは目に見えている。ここまで来ると時間を掛けてリカバーするか、突然視界が開けるような出来事が起こるのを期待するか、それとも寝食を忘れて新たな展開に挑戦するかのいずれかしかないのかもしれない。

 土曜日の夜になって、週明けまでにリカバーへの緒を見つけようとしていた事自体が不確かなことだと気づいた。

 こんな時のとっておきの言葉をつぶやきながら眠ろう。

「あーした、天気になあれ」

・───────────────────────・
『白露』‥朝夕の涼しさが際立つようになり、秋らしさが深まる頃。
[0918 - 3905]
・───────────────────────・